2014/12/21

いってらっしゃい


こまっちゃんは四国へ旅立ちました…。

今日は晴れ時々曇り。朝こまっちゃんが旅行に着て行く、もこもこのフリースを洗濯する。毎週土曜は、こまっちゃんはお母さんを手伝いに実家へ。今日はわたしはみくりんを連れて「くろねこ軒」へ行くことにする。

くろねこ軒はオーダー制のケーキ屋さんで、近所の住宅街の一軒家でやっているのだけど、月に一度だけマルシェを開いてお菓子やパンが買える他、自宅をオープンにしてカフェでケーキやちょっとした食事を頂くことが出来る。
初めてくろねこ軒のケーキを食べたのはパウンドケーキだったのだけど、今までこんなケーキをどこでも食べたことない、ケーキってこんな美味しいの?!の衝撃の美味しさだった。その時こまっちゃんとわたしはまだ恋人同士だった。そして結婚式の引き菓子をくろねこ軒さんで作って頂いた。
先月のマルシェでは、人がいっぱいでゆっくりみくりんを見せることが出来なかったので、今日のマルシェは遅い時間に行って、お菓子は殆ど売り切れちゃってるだろうけども、ちょっと抱っこでもしてもらおうと、午後、てくてく歩いていく。出産前まで、月に一度の贅沢、と、毎月マルシェの日を楽しみにしていたのです。散歩にはちょうど良い距離。くろねこの方々には、婚前、婚後、産前、と経過を見守ってもらっているような感じがして、やっぱり中身も見せなくてはと思い。

帰ってきたこまっちゃんと、お土産のくろねこケーキを食べる。
これが…美味しすぎて訳が分からなくなる程美味しい…。

夕食を食べて、おもむろに宿を探し出すこまっちゃん。
明日泊まる宿と明後日に泊まる宿。何とか無事に確保。
「宿泊費の6千いくらと7千いくらだと何が違うんですか?…はぁ、じゃあ7千円の方で。」
…あれっ?何で高い方なのだ?
「だって、朝食に魚が付くから。他のも全然違う風だったから。千円ケチるより美味しいものが食べたい!」
…いや、いいよ、いいんだけどね、一時期テントに泊まるんだって言ってたのは節約の為という訳じゃなかったんだなーと思って。面白いなあーと思って。

そんなこんなで、島をどう回るか、ルートも決まる。
「おれが上陸したら、島がふるえるぜ」
彼のジョークは高尚すぎて時々良く分からない。

今日の深夜バスからこまっちゃんは四国に旅立ちます。
バスで大阪まで、電車を乗り継いで愛媛まで、自転車で瀬戸内を通過、広島から帰る、の、今夜の車中泊を入れて4泊5日の旅です。

こまっちゃん、みくりんとこんなに離れるのは初めて。
みくりんの運命がかかっている…!これで本当に気に入っちゃったら、みくりんは島育ちの子になるのか…?!

瀬戸内は、雪だって。