2015/01/04

散髪10年


今日はこまっちゃん、幹事をやっているイベントの打ち合わせで高田馬場へ。
いいなあ高田馬場。全然行きたく無いけど。羨ましい、子連れで遠のいている繁華街が。

ついでにこまっちゃん、10年程通い続けている美容院へ髪を切りに行く。
ここでずっとお世話になっている美容師さんが、なんと愛媛県出身だったということで、色々愛媛の話をしてくれたそう。
定期的に帰っているそうなので、「赴任が決まったら向うで会おうよ!」と。

岡山県の牛窓が「日本のエーゲ海」と言われていることは知っていたけど、瀬戸内のあたりはイタリアに気候が似ていて、イタリアの野菜を育てている所もあるんだって。
美容師さんは、老後は愛媛に帰って、ピザとパエリヤのお店をやるというのを計画中であるらしい。何でもイタリアには、2週間程の研修でピザ職人の認定書を発行してくれる団体があり、美容師さんの他のお客さん曰く「そこで貰った証書と、外国人と一緒にピザ釜の前で撮った写真でも並べて貼っとけば一発だよ。そんなのみんなやってるよ。」

愛媛と広島を繋いでいるしまなみ街道は、今広島から出雲に向かって伸ばしている道路とゆくゆくは繋がるのが地元の話題らしく、「その道路が開通すれば物流が大きく変わる、日本海側の魚介が入ってきたり、人の流れや観光業にも色々変化があるだろう」とは美容師さんの言。

今日はわたしも家で、「こんなWEBマガジンをやりたいな」というようないいお手本を見つけて、心にメモメモ。ってすぐ忘れちゃうからノートにメモ。

わたしにはぽっかりと無気力に、エネルギーの無い状態になることがままあったのだけど、そうなると「このままじゃ身体が怠けてしまう、運動しなくては」と思うのだけど、今日、その機能は大切なバロメータなのでは?ということに思い当たる。やる気のあるわくわくすることにはエネルギーがどんどん湧いて疲れないし、「こんなに体力あったなんて、わたしの身体は丈夫なんだ!」と思う。そうならないのは、やりたくないことをやっているからなのでは、人より馬鹿正直に、やりたくないことに身体が向かない、頭で分かっている以上に、身体の方が、本筋に合っているかどうか分かっている、それだけのことなのかも。

…いいなあ!愛媛。きてるんじゃないのか?