2015/01/01

キコイ


今日は新年早速のお客さま。本当は二人だったのが急遽一人になってしまったけど、しっかりとっくり話せるのでそれもまた良い。

色んな話をしたけど、WHOは世界の良識であるかのように存在しているけれど、実際には方向を指し示しているのは一部の超マイノリティ集団である、という話が、そういえばそうだわー、だった。

わたし達夫婦は都会に育っているから、お金が無いと幸せになれないという考えがきっちりみっちり刷り込まれてるけど、それが真実かどうかは、それを共有している共同体を出てみればすぐに分かることだった、悩むようなことじゃなく。と、友人の軌跡を聞いていたらそんな風に思った。

お金がある方が幸せか、望む生き方をする方が幸せか、どちらが自分達にとって幸せなのか、実際にやってみて確かめて決めたいの。お金も地位も名誉もある人生は素敵だけど、でも、世界の人口の数パーセントしか実現出来ないようなあり方の幸せを最上のものとして目指すのじゃなく、ただその時々で価値を感じるものを価値があると思って大切にして暮らしてみたいの。そのために苦しかったり大変だったり辛かったりすることが、生き生き生きることのどのくらい妨げになるのか、自分の人生を使って知りたいの。そしてそのやり方が本当に負け組にしかならないのか確かめたいの。

と、明日、典型的な団塊世代のわたしの親に言えると良いんだけれど…。
わたし達が移住を考えていることに関して、順を追った説明を求められている明日の里帰り。

まさかこのブログを頭から読んでくれとは言えないしなあ!