2015/01/27

粘土団子



バイトに行く前の妹が遊びに来てくれる。みくりんはいつもわたしと二人でいるときとは違う、硬い表情。帰ったとたん、ごくごくとお乳を飲み声を出して笑い出す。内弁慶か…。

夜こまっちゃんが帰って来て、
「日本の少子化、大変なことになってるよ!」
と言う。仕事で県別の人口や増減などを調べているらしい。調べるのに使っているサイトでは50年先の予測も見られるようになっていて、人口ピラミッドが変形して行く様がアニメgifになっている。
「みくりんが生きる時代の現実と真剣に向き合わねば…」
しかし向き合うって言ってもなあ。個人レベルで出来る事を個人レベルでしていくしかないと思うのだ。土を耕すとか、種を蒔くとか、定年の無い仕事をするとか、震災でインフラがダメージを受けても継続可能で生活に必需なものを作れるとか、老人になっても医療保険の負担にならないように病気にならない身体作りをするとか、土を耕すとか、種を蒔くとか…。

種を蒔くといえば、先日こまっちゃんとすごい人の動画を見た。福岡正信さん、自然農法の有名人だそうですが、わたしは全然知りませんでした。その10分の動画(これ)。
見て最初の一言、
「仙人レベルだ…。」
60分のドキュメンタリーもある。そっちはまだ見てない。仙人レベルすぎて共感ポイントがなかなか無いんですが、一緒に見るのが楽しみ。
野菜と雑草の種を混ぜて泥団子で包み、地面に向かってぽいぽい投げるというもの、それが粘土団子なるものだそう。
以前、長野県のシャロムヒュッテというところに一人でテント泊して、そこで行われている自然農法を見学したけれど、主催者の臼井さんは「エデンの園」と呼んでいた。完全にその影響だろうが、わたしも自然農法の畑がエデンの園に見える。
わたしも「エデンの園」をつくりたい。
そしてその日に偶然出会う食べ時の植物をもぎって食べながら、今晩の夕食を考えながら、意図を超えて育つ植物達の中を歩きたい。それはわたしの夢の中でもかなりハッピーなやつだ。