2015/03/27

夜のリサの猫


今日は半休取ったというこまっちゃん。
ですが、昨晩なんと電車に鞄を忘れたということで、あまりゆっくり出来ない。

今夜も飲み会の彼。
「いいな…。あのピザ屋さん行くんでしょ、結婚前に一緒にデートした」
昨日アマゾンから届いたピザの料理本は、そこのお店のなのだ。
「いや〜まだ迷ってるんだよね」
「そうなの?」
「予約はしたけど」
迷ってねーじゃん!

LPを箱詰めしていたら、引っ越して来てから4年間、一度も聴いてないのがいくつか出て来た。うちにあるのは主にジャズとクラシックだが、ほとんど実家から貰って来たわたしの父と母が若い頃に買ったやつだ。ほとんどジャズとクラシックだけど、間違い探しのように「赤い鳥」とか「セルジオ・メンデス」とかがちゃらっと入っている。
貰って来たものの聴いた事無かったいくつかは以下、
『ピート・シーガー/アメリカン・フォークの世界』
『ロマンティック・スイング/キケロ・プレイズ・リスト』
『アランフェス協奏曲/トゥリビオ・サントス・ギター・リサイタル』
『RED GARLAND / When There Are Grey Skies』
『ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー/ウェス・モンゴメリー』
ちなみにウィロウ〜のやつは帯に、
グラミー賞受賞作!ライヴ・ウェスはすべて名演です。彼のギターの至芸がリラックスしながら最高に発揮されています。
と書いてある。何か日本語変?なんだかアオリ文が気になって。
ちょっと聴いてみようと思って箱詰めせずに出しといたんだが、残念、時間切れ。もう遅い時間になってしまった。レコーディングは1965年だって。わ〜。ふる〜。

今日は注文していた黒のバッグが届く。
嬉しい…ご自慢のバッグになること間違いなし…国立ライフ悔いなし(毎回のように言ってるな)。
それにしても、お母ちゃんが泣きながら、
「洋一くんには内緒よ、周りの人を頼るのよ」
と言いながら、封筒に大きく『ヘソクリデス』と書かれたへそくりを頂いたのに、さらさらーっと皆次の行き先に行ってしまったな。悔いの無いように使ったのだから、無くなって悔いるなんて変な話さ。いいや強がってなんかないや。

フィリピンに住んでいる伯母が帰国するというので、それに合わせて明日、祖母の法事が行われることになる。
お昼はみくりんとそれに行って、初お披露目出来るのが良かった。
こまっちゃんはお家で仕込みです。
明日は最後のホームパーティー。
こまっちゃん、分刻みの仕込みスケジュールなんだってさ。
最後のパーティー、悲しくなんかない、悲しくなんかないのに、あれ…顔が濡れてるな…、あ、鼻水…。
…風邪?…なの?