2015/03/31

行っちゃった


こまっちゃん、早朝一人で近所の神社にお参り。
大きなバックパックに炊飯器を詰め、大きなスーツケースと、スーツ1着と、手回り品を入れたトートバッグと(多いな…)、いつものバス停からバスに乗って行きました。
わたしはバックパックを背負ってバス停までお見送り。
「お家にお別れした?」
「もちろん」

昨日の夜、派遣の最終日を終えたこまっちゃんと国立駅で待ち合わせる。
国立の見事な桜並木は満開です。
「いってらっしゃいって言ってるみたい」
とこまっちゃん。
わたしはハワイの水など買う。東京以外でこんなもの売ってないんじゃないかと思って。初めて飲むハワイの味は、「水は、水だな…」。
ハワイのありがたみよりプラスチックの印象の方が前に出ていて。

帰宅して、撮ってもらったパーティーの写真などを見ていると、すくすくと時が経っている。
ああだこうだ言いながら、こまっちゃんの就任の挨拶を推敲し、午前を過ぎておもむろにパッキングを始め、2時を回ってわたしがシャツにアイロンをかけ、治まったように見えたわたしの風邪はどんどんアクティブになっていき、こまっちゃんも同じような咳をし始め、パーティーの為に寝室に押し込んだ段ボールの山はそのままで…。

義兄の、さすが鉄道関係の仕事をしている、「入線時刻」までもが書かれた乗り換えプラン一覧の表を見ながら、東京で東京ラスクなど職場やご近所にお渡しする手土産もゲットし、無事に新幹線に乗ったという報告が。
これで夕方前には島に着いちゃうんだから、なんだか、意外と近いよなあ…。

わたしは、しみじみと時間をかけて引越しの荷造りをしたいけど、どうなるやら…。
風邪をなんとかしないと。
一人でお座りが安定してきたみくりん、目の前に並んだおもちゃで、もっとあそびたいのと眠たいのの狭間でしくしく泣いていてかわいい。
みくりんの鼻もすごいずるずる言っている…。