2015/03/05

ほぼ日読んでたら止まらない


月末にパーティーのようなことを計画中。
お世話になった築50年の団地、全然今風じゃないけどしっかりした造りで、当時の作り手の志を感じる団地、建物と建物の間の芝生や街路樹が立派で、樹齢の高い木々がベランダから見え、敷地内をちょっと行くと富士山も見えて、居心地の良かった部屋。
先月から3月末にパーティーが出来たらいいねと言っていて、それはまだ大三島行きが決まる前だったので、『さよならけやき台団地パーティー』になるか『小松家を励ます会』になるか、一体どちらなるか…と思ったけど、無事次のステップに向けて発つ前に、お家にも友人達にもお礼が出来たらいいと思う。
「今日は当日のメニュープランが出来たよ」
鳥の丸焼き…?すげーな…。

ここ2ヶ月くらいよくゾロ目を見る。
今はエンジェルナンバーとか言うのね。ちょっと面白い。こまっちゃんもよく見る。
こまっちゃんが使ってるヨーガの本にも書いてあるような、いいイメージだけ持ってあとは成り行きに任せる、ということが大分日常生活で実用できるようになってきた。現実がイメージ通りになったり、予感やカンが当たるようになっている。赤ちゃんがいると、こちらの思惑通りに事が運ぶとは限らないから、かといって周到に用意するのも疲れてしまうし、「うまい具合に、とんとんと、これがこうなって次にこうなったらいいなあ」と思ってることがその通りになると、非常に楽!修行しているなーという感じがする。

今日のみくりんは日中、超音波のような奇声を発する。そして下の歯茎を舌で触りながら、ちらっとこっちを見て様子を伺う、という動作を繰り返す。かわいそうになあ。
でも良く笑ってかわいい。テーブルの上に寝かせたら花瓶の花をじっと見ていた。
そろそろ眼鏡を掴んだり引っ張ったりしてき始めた。手の使い方が上手くなっている。
…眼鏡はやめて〜…。