2015/04/12

虎魚は世界を救う



愛媛県のしまなみ街道沿いには大島、伯方島、大三島という
3つの島があります。(広島側にはさらに4島あります。)

このうち大島は漁業が盛んで特に宮窪地域は漁師町として栄えています。
私の前の席に宮窪出身の方がおり、お父様が漁師ということで
朝獲れの「虎魚(おこぜ)」を2尾、格安でいただきました。

はじめて虎魚を捌いたのですが、これが意外に難しい。
20分くらいかけて捌いた後に、刺身、アラ汁、唐揚げ、肝&おろしレモンにして
何も捨てることなく全ていただきました。

虎魚が旨いのは知っていたのですが、悶絶しました。。
特に肝が旨かった。
ちょっと小ぶりの方は唐揚げにしたのですが、もう旨い。
「うめぇー!!」
「やべー!!」
「まじやべー!!」
「いや、これは世界を救うな」
みたいなことを延々叫びながらの、ひとり夕食でした。

瀬戸内海、想像以上に旨いものがあるようです。