2017/07/25

若い洋種山牛蒡


保育所の隣の建物には、超穴場の図書室がある。いつか読もうと思っていた「村上海賊の娘」を借りて暇を見てちょこちょこ読んでいたのだけど、下巻に入ったら一気に夜更かしして読んでしまった、そして翌朝、暑くて汗ダラダラかいているのにくしゃみと鼻水が止まらない…。しかし、こんなにも!村上水軍のことを知らず、こんなにもしまなみエリアが彼らの生活圏だったとは。今日は曇りで、ずーっとセミがじゅわじゅわ鳴いている。湿度たっぷりでまるで水の中にいるよう。